タケシと初エッチした由菜の意外な反応と行動

タケシと初エッチした由菜は、その夜、自宅で実の兄に寒いから、しっかりとふとんを被って寝るように言われます。

まるでしょー学生みたいに見えて、とってもはぁはぁなのですが、由菜本人がもっとスゴイ行動に出ます。

扉1つ隔てた向こう側にはお兄ちゃんがいるのに、この娘はタケシと初エッチした事を思い返し、1人えっちを始めます。

Handyコミック【デキちゃうけど、ナカでも…。02】LP1※スマホ専用

細くてちっちゃいモノだと感じない?

でも、思わず気持ち良くなっちゃったのではなく、物足りなかったという理由だからビックリですね。

タケシと由菜は両思いのはずですが、この行動は意外過ぎました。

既にデキちゃうけど、ナカでもいいよね。1~2話で、散々大人サイズのモノを挿入されまくっていたのだから、お子様の大きさだと全然挿入感がないのでしょうね。

まだちっちゃい身体なのに、まるで淫乱なビッチちゃんになってしまったらしいです。

一応、3話「お兄ちゃんの大きいのが忘れられなくて・・・」では、タケシと由菜の初エッチシーンが微妙に描かれています。

そこからは、童貞君だったタケシが、大好きな美少女相手に速攻で果ててしまった様子が描かれています。

こういった事も手伝って、由菜は全く気持ち良くなかったと予想されます。

だから、タケシの兄に以前犯された時の写真を突きつけられるという状況でも、どこか喜んでいるみたいですね。

普通だったら弱みを握られてオロオロする所ですが、すぐに由菜はついて行ってしまいます。

Handyコミック【デキちゃうけど、ナカでも…。02】LP1※スマホ専用

おねだりを強要される由菜ちゃんw

しかも、彼は現在の由菜ちゃん自身の状況を知っているかのように、焦らして攻めてくるんですよね。

挿入しそうでしないみたいな、入り口付近を擦られるだけみたいな焦らしプレイに、彼女はすぐに陥落です。

こんな清純そうな女の子が淫らな方向に堕ちる様子は、本当にとんでもない攻撃力でした。

この少女は、タケシとエッチするよりも、このお兄ちゃんに弄られてハメられた方が感じてしまうみたいです。

そしておねだりをするように仕向けられて、凄く困った顔をしつつも、さらに感度がアップするMっ気ありまくりな由菜ちゃんに萌えました。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。新展開

画像に触れて3話の見本へ

Handyコミック【デキちゃうけど、ナカでも…。02】LP1※スマホ専用